篠田真由美お仕事日誌

Sherlock回顧 5/深読みの行方

 昨日はとうとうSherlockの見直しを始めてしまって、といっても頭から見るのは大変なので、取り敢えず気になるS3の1を、オリジナル音声字幕抜きで見て、それからコメンタリを流し、E3もコメンタリだけ見た。そんなことをしていたら、夕方になってしまい、日記を書こうとしたら講談社から仕事関係のメールが来て、やったりとったりで時間が無くなってしまった。
 E1はやっぱり面白くて、ライヘン・トリックについても、そんなめざましい解決策があるはずがないし、そうしたらファンの熱狂を取り込んで茶化して済ませるというのも、これまでおなじみのはぐらかし技法だし、シャーロックが爆弾のことでジョンを騙して「赦す」といわせる場面も、最初はひどいと思ったけど、まあこういうものかという気もしてきた。映像はきれいだし、役者の演技はみんな良かった。
 コメンタリを聞いて思ったのだが、視聴者の深読みは完全に制作者を無視して突っ走っている気がした。自分も含めてだけど。制作者は「魅力的なメアリ」「視聴者にも受け入れられる」「でも不穏な伏線」「さあ驚いた?」と、それ以上のことは意図していないらしい。もちろんこれが本当かどうかはわからないが。E3のクライマックスも、「マイクロフトは、もうシャーロックがマグヌッセンのことを諦めたと思っていた」「パンチのせいで本音が出た」といっていたので驚いた。あのこれ見よがしのノートパソコンが、シャーロックへのサイン(おまえの計画に乗ってやるから上手くやれ)でなかったとしたら、マイクロフトはただの馬鹿だということになってしまう。つまりコメンタリも信用できない? 困ったもんだ。

 この記事の5はマグヌッセン殺害にいたるシャーロックの心理なんかについて書こうと思っていたのだが、こうなってくると、ああだこうだいわずに、素直にドラマの表層を眺めて面白がっているのが正解なのか、という気もしてきてしまう。
 でも、そう思ったからすごく納得したというわけではなく、自分のシャーロックを求めて穴を掘り続けたけど、結局なにも出てきませんでした、そこにはなにも埋まっていません、あなたの思い込みだけですといわれたようで、ふっと心が冷めて夢から目覚めたような気分といいますか。もういいわ、と。

 悲しい話だけど、自分にとってのSherlockはそういう形で終わってしまうのかもしれない。

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND


迷: まよう
迷: まよう (JUGEMレビュー »)
アミの会(仮),大沢 在昌,乙一,近藤 史恵,篠田 真由美,柴田 よしき,新津 きよみ,福田 和代,松村 比呂美

RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


アンソロジー 隠す
アンソロジー 隠す (JUGEMレビュー »)
加納 朋子,近藤 史恵,篠田 真由美,柴田 よしき,永嶋 恵美,新津 きよみ,福田 和代,松尾 由美,松村 比呂美,光原 百合

RECOMMEND


毒殺協奏曲
毒殺協奏曲 (JUGEMレビュー »)
有栖川有栖,小林泰三,柴田よしき,篠田真由美,永嶋恵美,新津きよみ,松村比呂美,光原百合

RECOMMEND


アンソロジー 捨てる
アンソロジー 捨てる (JUGEMレビュー »)
大崎 梢,近藤 史恵,柴田 よしき,篠田 真由美,永嶋 恵美,新津 きよみ,福田 和代,松村 比呂美,光原 百合

RECOMMEND


アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (JUGEMレビュー »)
有栖川 有栖,北原 尚彦,篠田 真由美,柄刀 一,宮部 みゆき,山口 雅也

RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


***