篠田真由美お仕事日誌

2017.06.15

 昨日はマイミクのひかわさん、K教授と、西武球場前のゆり園にゆり見物。数年前に出かけた時は後期だったのではないかと思う。咲いていた百合の種類が違っていたような。しかし、黄色、オレンジ色、白、濃紅などが入り交じって、それが林間の谷間の斜面を埋めているところは、なかなかの壮観でありました。ゆり根の天ぷらも美味しいです。そこからゆりかもめみたいなちっちゃな電車に乗って、多摩湖のほとりにあるホテルの狭山茶の湯というお風呂に日帰り入浴。

 今日は図書館で原稿書きました。明日は火曜の用事を滑らせたんで、外出日です。日記お休みします。

 読了本『11/22/63』 キング 文藝春秋 死病にかかった男が自分のダイナーの裏手に1961年に通ずるタイムトンネルを持っていて、それでケネディ暗殺を阻止しようと企むがうまくいかず、しかしもはや寿命がない。仕方なく知り合いの男にトンネルの秘密と暗殺阻止の使命を丸投げし、自殺してしまう。主人公はやむを得ずオズワルドの身辺を探りながら、彼が他の黒幕などない、単独犯の暗殺者であることを確認の上で、なんとかその命を確実に奪って暗殺を阻止しようとする。しかし生活費を長持ちさせるため、教師になった主人公は、心から愛する女性と出会ってしまい、その人に秘密を持ち続けることの苦しさや、彼女を追ってきそうな元夫の恐怖に苦しむ。
 タイムトンネルというべたな仕掛け+ケネディ暗殺阻止というこれまたべたなネタを、かなりねちこく細部を積み上げて積み上げて進んでいく物語の仕掛けが炸裂するのは、歴史の改変が現代にどんな影響を及ぼすか、というこれまたべたなSF。その結果は相当に、いってしまえばアホなのだが、アホをアホといわせないだけの積み上げがそこまであるので、けなすにけなせねえぜっというのが、さすがキングです。
 そしてラストは、時間ものSFのお約束である泣かせ。泣かなかったけどね、お見事だったと思います。

 いまは『リーシーの物語』の上を読み終えたところ。でも、これはいまいちかな。キングは時間線をあちこちに行き出すと、読むのがしんどくなってくるんですね。それと、ストーカーとか暴力とか、特に女性がいたぶられるシーンは好きじゃないので、男がいたぶられるのもやっぱり好きじゃないけどね、適当に飛ばしてしまいますよ。

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


アンソロジー 隠す
アンソロジー 隠す (JUGEMレビュー »)
加納 朋子,近藤 史恵,篠田 真由美,柴田 よしき,永嶋 恵美,新津 きよみ,福田 和代,松尾 由美,松村 比呂美,光原 百合

RECOMMEND


毒殺協奏曲
毒殺協奏曲 (JUGEMレビュー »)
有栖川有栖,小林泰三,柴田よしき,篠田真由美,永嶋恵美,新津きよみ,松村比呂美,光原百合

RECOMMEND


アンソロジー 捨てる
アンソロジー 捨てる (JUGEMレビュー »)
大崎 梢,近藤 史恵,柴田 よしき,篠田 真由美,永嶋 恵美,新津 きよみ,福田 和代,松村 比呂美,光原 百合

RECOMMEND


アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (JUGEMレビュー »)
有栖川 有栖,北原 尚彦,篠田 真由美,柄刀 一,宮部 みゆき,山口 雅也

RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


RECOMMEND


***